Jan
21

おすすめのクレンジングジェルの特徴は?

クレンジングはどうしても肌に負担をかけてしまいます。だから、できるだけ肌に優しいクレンジング料を選びたいですよね。そこで人気なのが、メイク落としの際の摩擦が少ないクレンジングジェルです。今回は、おすすめのクレンジングジェルについてご紹介します。

おすすめのクレンジングジェルの特徴

クレンジングジェルには油性と水性があり、水性にはオイルインとオイルフリーがありますが、肌質やメイクの濃さなどで自分に合っているものを選びましょう。

油性のものは、洗浄力は比較的高めで、濃いアイメイクなどもしっかり落とすことができます。水性のオイルインのものは、汚れを落とす界面活性剤に加えて、油分も少量含まれているので、オイルフリータイプよりもメイクの馴染みが早く、メイクも落としやすくなっています。また、伸びがよいこともメリットです。水性のオイルフリーのものは、マツエクをしている人でも使えます。

また、配合されている界面活性剤には種類がさまざまありますが、アミノ酸系界面活性剤なら洗浄力は少し低いものの、刺激は少なく、肌に本来必要な皮脂やセラミド、天然保湿因子などを洗い流してしまう心配が少ないのでおすすめです。

エイジングケア世代や敏感肌の方などには、できるだけ肌に負担をかけないクレンジング料がよいので、アミノ酸系界面活性剤配合の水性クレンジングジェルがおすすめです。

おすすめのクレンジングジェル

おすすめのクレンジングジェルは、ナールス エークレンズです。
水性のオイルフリーのジェルが肌に密着し、汚れをしっかり落としながらも、優しく洗い上げます。アミノ酸系界面活性剤であるラウロイルグルタミン酸Naが主な洗浄成分なので、肌に負担が少なく、敏感肌でも使えます。

クレイが毛穴の汚れを吸着し、アーチチョーク葉エキスが毛穴のたるみ、毛穴の開きや詰まり、いちご鼻、ザラつきなどの毛穴の悩みにアプローチするので、毛穴の目立ちにくい肌へと導いてくれます。

さらに、ナノサイズまで小さくした金コロイドの抗酸化効果で、肌老化の原因となる活性酸素を除去し、肌の酸化を防ぎます。また、グルコシルセラミド、ユズ果実エキスの効果でバリア機能の改善をサポートし、肌荒れ防止成分のカワラヨモギ花エキス、シソ葉エキスが肌荒れを防止します。

そして、無香料、無着色、無鉱物油、オイルフリー、アルコールフリー、パラベンフリー、フェノキシエタノールフリー、石油系界面活性剤フリー、PG・DPGフリー、旧表示指定成分フリーという、10の無添加を実現しています。

ほかにも、マツエクもOK、ダブル洗顔不要という特徴があります。

まとめ

加齢により肌は敏感になってきます。30代からはエイジングケアの視点からも、肌に優しいクレンジングを意識することが大切なので、配合するオイルや界面活性剤をしっかり確認し、自分の肌に合ったクレンジングジェルを選んで、正しく使いましょう。